カードローン 無職

無職でも作れるカードローンの詳細な必要条件と便利さに迫る!

カードローンのメリットとは?

昔ながらの借り入れ…証書貸付などを利用していた私は、どうしても金利などを比較してみて場合に、カードローンにメリットを見出す事ができませんでした。カードローンというのは、証書貸付に比べて金利がかなり高いのです。

私のようなちょうど定年を向かえる世代の人間だと、便利だからとカードローンを作る若い人の考えが理解できず、申し込まれていない方も多いでしょう。今ではカードローンを所持している私も、申し込み直前まではずっとそう思っていたのです。そう、古い借り入れへの不便さを理解していたのにです。

証書貸付などは借りるまでに時間も手間もかかるのはやむを得ず、急な出費に対しては定期預金を切り崩すなどもしてしまった事があり、内心でお金の借り入れに対して不便に思っていた部分があるのは否定出来ませんでした。

そんな時、定年退職後に銀行で退職金を受け取りに待合所で待機していると、銀行員の方がカードローンの勧誘にやってきたのです。もちろんカードローンの金利を知っていた私は「金利が高いのにどこにメリットがあるの?」と尋ねていました。少し嫌な態度だったにも関わらず、その方は「カードローンなら一度審査に通過すれば、借り入れ利用の都度の審査は不要ですよ」という、私が目をそむけていた利点を教えてくれたのです。

カードローンの価値は金利のみにあらず

ちょうどその時も証書貸付の不便な点を考えていて、その点を補うカードローンというのが見事に私の中で噛み合ったのです。その後も熱心に説明してくれている銀行員の方にほだされるような形で契約したのですが、そこでようやく便利さを理解できました。

まず、定年退職後という事で無職状態とも言える私でも、趣味の延長線上で書道教室の先生をしていて収入があることを説明したら作れたのです。退職金という安定した蓄えも関係していたと思えますが、やはり少ないと言えど収入の有無が重要だそうです。

あとは若い方に人気の通り、この手軽さは素晴らしいものがあります。もちろん金利の事も考えれば気軽に使うわけにもいきませんが、急な出費でも対応するまでの速さというのは、ダントツでカードローンなのです。カードローンの金利を対応するまでの速さの対価に置き換えた場合、それでようやく私の中でその存在に納得できたような形です。

出費の内容によってはまだ証書貸付との使い分けをしていますが、ちょっとだけ足りないという時には、迷わずカードローンと決めています。金利だけで比較するとイマイチに感じますが、手軽さを見れば十分魅力的な借入方法です。

自己破産よりも任意整理にしたほうがいい借り入れ金額の目安と理由

自己破産と任意整理

借金が支払えなくなったときの手続きにはいくつかの種類がりその中の代表的なものに自己破産があり、そして任意整理と呼ばれる個人での整理手続きがあります。この自己破産の手続きと任意整理の手続きには保有財産の内容などにもよってどちらの手続きが良いかという選択をする必要があります。特に借り入れている金額に着目した場合には自己破産と任意整理、どちらを選択すればよいのでしょうか。

それぞれの特徴

自己破産をする場合には保有する財産があれば全て処分する必要があります。家や車を所有していて、それらは手放したくないと言うのであれば自己破産よりも任意整理が良いと言うことになるでしょう。また、どちらの手続きも手続き後は新たに借り入れを申し込むことは不可能に近い状態になります。クレジットカードでの支払いも多い現在の世の中を考えると、自己破産によって全ての借金について手続きを行うよりは、任整理によってクレジットカード以外の借金について整理を行うと言うのも選択肢かもしれません。

金額によっては手続きを選べない

ただ、借り入れの金額が大きくなりすぎれば任意整理では手続きができないこともあります。いくら利息が加算されないようになり、多少の減額が行えたとしても借り入れの金額が300万円を超えるようであれば任意整理を行うには苦しくなってくるかもしれません。任意整理では支払いを5年程度で終える必要があります。月に5万円、年間に60万円程度の返済が現実的な返済金額と言えるのではないでしょうか。

一つの目安としての金額

このことから考えると借り入れの金額が500万円を超えるようであれば任意整理は少し難しいといえるでしょう。一つの目安として300万円前後までであれば任意整理、500万円を超えるようであれば自己破産、その間であれば他の法的手続きも含めて検討すると言うのが金額的な目安と考えることができるのではないでしょうか。

返済能力には個人差がある

実際にはこの金額もあくまで目安としか言えません。人によっては毎月15万円の返済が可能なこともあるでしょう。そのような場合には目安の金額にも変化が出てくると言うことになります。自分の保有している財産の状況や、その後支払っていける金額の大きさによって法的手続きの内容にも変化が生じてくるのです。

自分にはどちらが適しているのか

いずれにせよ実際に法的手続きを行おうとしているのであればまずは専門家の有資格者にどちらが良いかと言うことを相談してみると言う方法もあります。ここで提示した金額はあくまでも目安であって最終的には手続きをする本人の状態に合わせて手続きの内容を決めていくと言うことになります。自分がどちらの手続きが良いか分からない場合にはまずはそれぞれのメリットデメリットを把握することが望ましいと言えます。

借金が返せなくなったときの任意整理の手続きの流れと注意点とは?

返済が滞れば法的手続き

借金の返済が思うように進まなくなってきたときには借り入れの金額に応じて何らかの法的手続きを行うことになるでしょう。法的手続きの中にはいくつかの種類がありますが、金額がそこまで大きいわけではなく返済を前提にして法的手続きを行うとなるとそのときには任意整理と呼ばれる手続きを行うことになります。以前と比較すると世の中の景気が芳しくないこともあり、任意整理を選択しなければならないような状況は増加してきています。

最初の連絡は折り返し

実際に任意整理を行うときにはまずは手続きの行える法律事務所や司法書士事務所に連絡をするということになります。まずは電話で連絡をすることになりますが、まずこの時点で注意しなければならないのは最初の連絡の時には弁護士や司法書士など士業の資格を持った本人は電話に出ることは少ないと言うことは把握しておく必要があります。

具体的説明は後から求める

最初の電話の応対の多くは資格を保有した人物ではありません。つまり最初の電話の時点で「どのくらい減額できるか」や「最終的にどのくらいの支払いになるか」と言った内容を聞いてもそれに答えれるような有資格者は電話に出ないと言うことです。多くの場合は受付のみを行い、あとから資格を持った担当者から折り返しの電話が来るというパターンがほとんどです。

まずは自分の状態を説明する

折り返しの連絡が来ればそこで手続きに関する詳細な内容を説明することになります。このときに大切なのは「どこに」「どれだけの利率で」「どれだけの」借り入れがあるかを説明する必要があるということです。これらがわからない状態で電話が来ても「調べてまた電話ください」と言うことになってしまいます。自分の状態をしっかりと把握して折り返しの連絡を待ちましょう。

申し込み後は時間を要する

借り入れの内容まで把握ができればそこから申し込みを行うことになります。もちろん借り入れの全てについて整理することもできますが、普段使っているクレジットカードは整理しないなど自分の好きな会社だけ整理すると言うことも可能です。また、申し込みが成立した時点で利息の加算はなくなり、返済をする必要は一旦なくなります。

気長に待とう

ここから実際に支払いが開始されるまでは相当の時間がかかります。少なくとも数ヶ月、長いときには半年以上支払いも無く、連絡もこないと言うこともあるでしょう。もちろん進捗状態は気になるとは思いますがここで焦っても仕方ありません。事務所から連絡が来るのを待ち、支払いの請求が来た場合にはその旨事務所に伝えましょう。この期間はお金を支払う必要はありません。

焦らず待つことが大切

しばらく時間が経過した後に借入先と有資格者の間で取り決めたルールに従って支払いの詳細が決まることになります。実際に支払いが開始になるまでは場合によっては一年間ほどかかることもあります。申し込んでしまった後はただひたすら待つしかありません。よく「手続きが遅い」や「連絡がない」と言った苦情を見かけますが、多くの手続きを少ない有資格者で行っている任意整理の手続きでは仕方の無いこととも言えます。

無職でのカードローン利用はこんなところに注意すれば安全に使える!

借金での生活は可能?

仕事を失って無職になったとき、手元にお金を借りれるようなカードがあればついつい頼ってしまうこともあるでしょう。職業が無職になったのであれば通常はそのカードローンの提供会社に申し出て再度審査のやり直しと言うのが本来の取るべき姿です。しかし、無職の期間が長く続くようであればそのカードローンの審査で借りれる金額が小さくなったり、場合によっては借りれるお金が全くなくなったりすることもあります。

計画性が必要です

無職の期間が長い場合やカードローンの利用を前提に仕事を辞めた場合には特にこのカードローンを使って無職の期間を乗り切ろうと考えていることもあるかもしれません。しかし、その場合にはしっかりと計画して倹約した上で利用しなくてはあとからその返済が大きな重圧となることも考えられます。無職の期間をカードローンの利用を前提に過ごすのであれば、それなりの計画性も必要になります。

実際に借金生活する場合には

銀行ではなくその他の消費者金融などからお金を借りる場合には現在はその上限金額に定めがあります。その定めは収入の三分の一が前提です。通常、働いていれば300万円程度の収入は望めることになりますので他に借り入れが無くクレジットカードなども利用していないとするとするのであれば100万円程度のお金は借りることができるでしょう。

借りたお金に付く利息

この100万円には利息が付きます。今は以前に比べて金利は低くなっていますがそれでも年間で20%近い利息が取られるのです。毎月10万円ずつ使っていったとしても一年間は過ごすことができないでしょう。更に返済について考えるのであればこの100万円に対して10万円近い利息を支払う必要があるということになります。

その返済期間は?

実際に100万円の限度額で借り入れを一ヶ月に10万円行いながら生活していった場合には9ヶ月で限界が来ます。そしてその時点で返済が必要な金額は109万円超。もちろん借りたお金は9ヶ月ですので90万円です。仮にそこで働き出して月に2万円ずつ返していったとしても返済終了まで100ヶ月、つまり8年と4ヶ月の間支払いが必要になると言うことになるのです。

返済は結構大変です!

これは金利を20%で計算した場合ですので実際はもう少し少なくなるかもしれません。しかしそれでも実際の金利との差は数千円、そして返済期間の差は数ヶ月です。もちろんこれを踏まえたうえでお金を借りる生活をするというのであればそれでも良いかもしれません。しかし収入の多くの部分を借り入れに頼ると言うことは非常に危険であるということは理解しておきましょう。

借金に悩んでいる人必見!副業アルバイトの探し方のテクニック

返済が苦しくなってきたら

いつもの生活の中で借金の返済が苦しくなってきたときにはまずはその返済をできるだけ早めに終わらせる必要があります。そのための方法としてはまずは毎月の支出を抑えるという方法があるでしょう。そしてそのほかに収入を増やすと言う方法もあります。支出を減らすことに加えて収入も増加させれば効率よく借金の返済をしていくことが可能です。

副業が手っ取り早い

収入を増やすには現在働いている会社の状況や就業規則など確認することも多くあります。この中で副業が可能であれば現在の仕事に加えて更に仕事をするというのが収入を増やすのには一番手っ取り早い方法と言えるのは説明するまでもありません。

いきなり増やすのは危険

もちろん、多くのアルバイトを本業以外にこなせばより収入は増え、借金の返済は加速度的に早まると言うことにはなります。しかしだからといって闇雲に仕事を増やせば時間管理も難しくなり結局本業に支障が出ることにもなりかねません。まずは現在の仕事の内容によってどのような副業を選択するのかを決めていく必要があるでしょう。

早朝のアルバイトもある

現在の本業の仕事に残業があるようであれば業後の副業は限られてきます。もしも残業があると言うことであればまずは始業前にできるアルバイトが望ましいと言えるでしょう。早朝からのアルバイトは時間も短く、短時間で効率よく収入を得るには最も都合の良いアルバイトと言えます。現在ではサラリーマンの副業を考えた時間帯で早朝の仕事を募集している企業も多くありますのでまずは早朝のアルバイトを探してみましょう。

定番は業後のアルバイト

特に残業が無いと言うのであれば、定時で終わった後にできるアルバイトが良いでしょう。夕方から深夜にかけたアルバイトは募集も多く、同じように本業が終わってから副業としてアルバイトをしているような人も多く存在します。同じ環境の人が多ければ働きやすいことも夕方のアルバイトのメリットといえるでしょう。

深夜もねらい目

本業の始業時間が遅めの仕事であれば深夜にできるようなアルバイトもおススメです。深夜のアルバイトは給料的にも高めのものが多く、ダブルワークとして働くには最も効率が良い仕事です。時間帯の調整が少々難しい場合もありますが、効率を最大限に追求していけば深夜のアルバイトは最も効率の良い副業になります。

誰でも4時間程度は余裕がある

一日は24時間です。特に残業が無ければ通常の仕事はその中の8~9時間を費やすことになります。通勤に1時間かかったとしても必要なのは9~11時間。そのように逆算していけば一日13時間程度は余暇の時間があるという計算になります。仮に睡眠を7時間、その前後の時間を合計2時間とすれば誰もが最低でも4時間程度は空いた時間が有ると言うことになります。

時間を有効に使おう

この4時間を時給800円の仕事に充てれば一ヶ月で6万円程度の収入が得られることになります。中には睡眠がもう少し少なくてもいい場合や、通勤時間がもう少し短いと言うこともあるでしょう。給料がもう少し高い仕事もあるかもしれません。そうすれば毎月10万円に満たない程度の収入は理論的には簡単に稼げると言うことになるのです。

借金に悩んでいる人必見!今の収入を増加させて借金返済する極意

借金返済のときの心構え

借金に悩みだしたときにはもう既に時が遅いと言うこともありますが、できれば自分の力で返して生きたいと思うのが心情でしょう。借金の返済のポイントは大きく分けて二つ。一つは支出を減らすこと、そしてもう一つは収入を増やすことです。その大事なポイントのうちの一つ、支出を減らす方法は別の機会に譲るとして、今回は収入を増やす極意に付いて説明を行っていきましょう。

収入を増やす方法

収入を増やすことを中心に考えた場合、それは大きく分けると更に二つの方法に分けることができます。まず一つは現在働いているところでの収入を増やすと言う方法、そして今働いているところでの収入とは別に収入を確保する方法です。どちらの方法でも最終的に収入が増えれば問題ありません。まずはこの二つの方法のうちどちらが収入を増やしやすいかを考えて見ましょう。

収入が増やせる給料システムか

現状の仕事での収入を増やすことを考えるのであれば、まずは簡単に収入を増やせるような職種かどうかを考える必要があります。たとえば事務職などのように毎月決まった収入が得られる仕事なのか、それとも営業職などでインセンティブが加算されるような収入に変化が有る仕事なのかというところです。前者の場合にはすぐに収入を増やすのは正直難しいと言えるでしょう。仮に成績によってインセンティブが得られるような仕事でもすぐに収入を増やすには難しいこともあります。

今の仕事で収入を増やすことは難しい

現在の仕事で収入を増やせると言う状況はあまり多くはありません。そうなるとやはり現在の仕事にプラスして収入を得ると言うことになるでしょう。このときに注意が必要なのは副業が認められているような職場なのか、それとも副業を全面的に禁止されている職場なのかと言う部分です。仮に副業が禁止されているような場合には他に収入を求めるにしてもその内容に少々注意が必要になるでしょう。

細くなら許容されることもある

そうは言っても副業が禁止されているからといって見つかったらすぐにクビになるような会社は多くありません。その場合には年間20万円を超えないような範囲であればこじんまりと内職のような仕事をするという方法もあります。webライターやホームページ作成など、あまり目立たない程度に内職を行い副業による収入を20万円以内に収めていれば「雑所得」ということで目立たないように収入を得ることも可能です。

他の仕事も探す

特に副業禁止でなく、禁止であったとしても見つかって構わないと言うのであればメインの仕事以外にアルバイトを探すことになるでしょう。大切なのはまずは自分の会社の現状を把握すると言うことです。現在の仕事がそこまで高給ではない上に縛りが厳しいと言うのであれば退職して新たな仕事を探すと言うのも方法の一つになる場合があります。

キャッシング、ローン、各種手当て…これだけあるお金を借りる方法

いろいろなお金を借りる方法

働いて普通に生活していれば特に日ごろの生活でお金に困るようなことはないでしょう。しかし仕事を失ったり、何か大きな出費をしなくてはいけないような状況になると自分の収入とは別にお金を借りると言うことになる場合も有ります。お金を借りるその方法には様々なものがあり、借りる先によってその金利や借りる方法などにも違いがあります。

まずは銀行

お金を借りると言うことを考えたときにまず思い浮かぶのは銀行でしょう。銀行は後ほど紹介する消費者金融などと比較すると金利の低い商品も多く、無担保のカードローンから有担保の商品まで数々のものがあります。個人でも借りることはできますが、特に法人の場合にはお金を借りるとなるとまず銀行が浮かぶと言うことになるでしょう。

消費者金融

多くの場合はまず銀行での借り入れを模索すると言うことになりますが、既に銀行で借り入れている場合や借りることのできない事情があるような場合には消費者金融業者を利用することもあるでしょう。金利は銀行よりも高いことはありますが、銀行よりもお金を借りやすいという事もあります。同じお金を貸すと言う業務でも銀行とは運営のための法律も違い、その内容には注意が必要な場合もあります。

公的資金

銀行や消費者金融以外にも何か特定の内容のためにお金を借りると言うのであれば公的な資金が借りれることもあります。たとえば生活困窮者が社会に復帰するための準備資金などを貸し出している「社会福祉資金貸付制度」や、学校に通っていてそのための資金が無いと言うのであれば、各学校などが準備している「奨学金」も限りなく公的な資金に近いものになるでしょう。

人から借りる

このほかにも親に借りたり家族に借りたり知人に借りたりする方法もあります。身近な人から借りると言う方法であれば利息などが発生することが無い場合もあり、借りる側には有利な借金と考えることもできるでしょう。周囲に借りることができるのであれば、できれば周囲の親族や知人にお金を借りるほうが良いでしょう。

大切なのは返済計画

いずれにせよお金を借りるときに大切なのは返済の計画をしっかりと立ててから借りることです。これがしっかりとできていなければ結局返済が滞るようになり、借金に借金を重ねることで多重債務者になってしまうだけでなく、返済できないと言う事実によって自分自身の信用も失ってしまうことになります。

借金で首が回らなくなったときに上手に切り抜けていく方法とは

借金に悩む必要はない!

借金が大きくなりすぎて支払いが困難になったときには精神的にも大きなダメージを受けることになります。しかし、どれだけ借金が大きくなろうともそこで人生が終わってしまうわけではありません。莫大な借金を抱えるような困った人でも、いずれは普通の生活に戻れるような再生システムが日本には用意されているのです。

法的手続き

借金の支払いが困難になったときにまず考える法的手続きに「破産」というものがあります。この手続きは聞こえは悪いものの手続きをしてしまえば全て借金が帳消しになるという夢のような手続きです。様々な条件があり、財産を保有することが許されない手続きではありますが、元々大した財産が無いのに借金まみれになってしまっているような場合には有効な解決手段と言えるでしょう。

デメリットはあります

破産には様々なデメリットがあります。前述の財産が残せないというのも人によってはデメリットになるかもしれません。他にも破産したという事実が個人の信用情報として残るということもデメリットでしょう。しかしこのようなデメリットは破産の場合だけではなく、どのような法的手続きを行ってもそこまで大きく状況が変わるものではありません。

他にもいろいろな手続きがある

破産という手続きの手前には他にも様々な法的手続きの方法があります。財産はある程度残すことが許され借金は少し棒引きされるものや、財産は全て残すことが可能で借金は利息の加算は止まるものの支払いの義務は継続するものなど、利用するのであればその内容はきちんと確認して自分にあっているかどうかの確認が必要になって来るでしょう。

どんな手続きにもペナルティーはある

いずれの手続きにも有る程度のペナルティーはあります。共通するのは個人の信用情報には法的手続きを行ったという履歴が残ることです。この履歴が残る期間がどのくらいであるかは定かではありませんが、通常この期間は追加の借り入れができません。また、借り入れだけでなく新規にクレジットカードを作ることも、ローンを組むことも難しいでしょう。

人によっても状況は変わる

しかし、人によっては完済後はすぐにカードを作ることができたという場合や、まだ完済が終わってないにも関わらず同様にローンが組めた場合などその効果には様々なパターンがあります。何を基準に差が有るのかはわかりませんが、必ずしも全員が一律に同じ結果になっているという状況ではないのが現実です。

良い「反省」の期間?

確かに新たな借り入れができないということは大きな買い物などはしにくい状況にはなりますが、元々お金を借りることでその借金が膨らみ何らかの法的手続きに進まざるを得ないような状況に陥っているのであれば、一時期借り入れができないという状況はむしろ生活の見直しのためには必要なのかもしれません。

仕事をなくしてカードローンの返済に困ったときにはこうしよう!

仕事が無くなった!

カードローンで借金をしているかしていないかなどはお構いなしに会社の倒産やリストラはやってきます。場合によっては借金の返済が必要であるにも関わらず、何を思ったか自ら退職してしまうようなこともあるかもしれません。長い人生そんな間違いもあります。トラブルもあります。大切なのはその中でどのようにして生活を立て直していくかということなのです。

毎月の支払いを借金でまかなうことの危険性

仕事をなくしてカードローンの返済が必要であっても、優先的に月々の支払いを行うことは止めましょう。ここで返済を行ってしまっていると、その他の支払いが苦しくなってきます。その他の支払いが苦しくなるとどうしてもそのカードローンを更に利用しなくてはならなくなってしまうのです。気がつくとどんどんお金を借りるということになります。

やがて来る多重債務者の日!

これを繰り返していってしまうとあなたも立派な多重債務者になりかねません。突発的な支払いに充てるのではなく、継続的な支払いに借金をするようでは借金は増加していく一方です。お金を借りるときにはそのお金がどのような種類の支払いなのかを自分で把握し、その内容が毎月継続的に支払われるようなものであれば少し注意が必要でしょう。

まずは状況の説明

では、カードローンなどの支払いがある状態で仕事をなくしてしまったときにまずはどのようにすればいいのでしょうか。そのままにしていればやがて支払いの期日が来ます。そこで借金に借金を重ねて多重債務で身動きが取れない状態になることを選ぶのではなく、まずはお金を借りている先に仕事が無くなり支払いが滞る可能性があることを説明するための連絡をしましょう。

ひょっとすると…

もちろん、仕事がなくなったからといって借金がなくなることはありません。しかしそれを伝えて支払いが滞るようであればやがて任意整理などの法的な手続きに移る可能性がでてきます。もしもそのような状況になれば利息はおろか、今までの支払いの状況によっては過払い金が発覚し、返済金額が少なくなるということも考えられます。

そのような状況になればお金を貸しているほうも回収する金額が減少してしまうということになります。法的手続きが任意整理ではなく、破産手続きであった場合には元金はおろか一切の金額を回収できなくなってしまうことになります。お金を借りていたとしてもそこまでぎりぎりの状態であるということを説明すればお金を貸しているほうも何かしらの対策を出してくるかもしれません。

ペナルティーは免れることはできない

何はともあれ大切なのは早めに連絡して支払いができない状況になったということを伝えることです。それを怠れば遅延損害金という大きな金利が当てられるだけでなく、貸しているほうへの信用も失うことになります。もちろん連絡したとしても遅延損害金は請求されるでしょう。遅れてしまえば信用情報にも傷がつくことには間違いありません。しかしやはりそれをしっかりと伝えた上でやむを得ずそうなってしまうのか、放置でそうなってしまうのかでは大きな違いが有るのではないでしょうか。

借金に悩んでいる人必見!出費を抑えて借金を返済するための心得

借金に悩んでいる人必見!出費を抑えて借金を返済するための心得

たまった借金の返済

大した生活もしていないのに気が付いたら借金が増えている。困った!…と、そんな状況に陥るのはよくある話です。人はなかなか自律しようと思ってもできない弱い生き物です。借金が気づかぬうちに増えていって首が回らなくなったとしてもそれは返せばいい話です。しかし今現在定職に就いていないような状況であれば返済はなかなか難しいと感じるものです。定職に就かずに借金を返済していく、そんなことが可能なのでしょうか。

まずは金額の把握から

まず、返済していく金額を計算してみましょう。返済しなければならない金額が400万円を超えているようであれば要注意です。任意整理などの手続きを行って利息の加算が止まっているような場合を除き、その400万円には利息が毎日加算されます。500万円を超えていて現在定職に就いていないような状態であればまずは法的手続きに向かうことにしましょう。300万円を超えているようであれば同じく法的手続きを検討したほうがいいかもしれません。

借金を返す方法は二つ

さて、法的手続きに向かったとしても向かわなかったとしても、定職に就いてもいないのに借金の返済を行うのであればその方法は限られています。収入を増やすか、支出を減らすか、どちらかでしょう。どちらにせよ借金の返済を本気で考えた場合には定職に就いているよりもむしろ定職に就いていないほうが有利な場合も出てきます。

まずは支出を減らす

まず、支出を減らすことから考えるとまずは家賃を減らすことになるでしょう。都市部でも探せば1万円台の物件は転がっています。風呂なしでトイレ共同。もちろん最初は苦痛を感じるかもしれませんが、本気で多額の借金を返済しようと思っているのであればまずはここから改めるのが手っ取り早い方法です。しかし支出の減少と収入の上昇を考えるのであれば、このときにあまり田舎に引っ込まないほうが良い場合もあります。

そして食費も節約します。もちろん自炊で食費を抑えるという方法もありますが、大切なのはそこではありません。今は安い惣菜やファーストフード、弁当も多く販売されていますので外食が悪いということではありません。大切なのは「常に空腹の状態にすること」です。満腹になっている状態がおかしいと感じるようになれば食費は削れてきているはずです。

正社員の場合のデメリット

定職に就いて正社員になってしまっていると「風呂なしの部屋に引っ越した」ということや「食生活がすごい」といったことも同僚に知れてしまうことに抵抗がある場合があるでしょう。上下関係での付き合いや会社内での付き合いが発生するのも支出の減少には障害になります。借金があるということが知れてしまうことに抵抗がある人もいるかもしれません。

次は収入を増やす

収入の増加も同時に考える場合には特に正社員であると副業が禁止されている場合もありなかなか思うように収入が増やせないこともあります。そのためにはまず徹底的に支出を減らすこと。お金を出費するときにその出費が本当に大切なものなのかどうかを考えるような癖をつけると支出を抑えることができるようになってきます。
(⇒借金返済のために収入を増やす方法とは?

今は無職でもお金を借りることのできる公的支援制度があるって本当?

無職はお金を借りれない?

通常は無職であれば特に特殊な無職でない限りはお金を借りることなど到底できません。もちろん、カードローンに申し込むことはできます。しかし無職であれば多くの場合は「申し込むだけムダ」なのが現状です。では無職であればお金を借りることはできないのでしょうか。

無職でも借りれるお金

結論から言うと、無職でもお金を借りれる場合があります。しかも今回紹介するこの方法は無職でなければ借りられないと言っても過言ではないでしょう。しかも保証人を用意することができれば無利息。もし仮に保証人が用意できなくても金利は1.5%と現在の世の中では目にすることが無いほどの大変利用者に有利なシステムになっています。

審査も一味違う

審査もありますがこのお金を借りるシステムの審査は「返済能力があるかどうか」の審査ではありません。審査は「どれだけお金に困っているか」の審査なのです。ここまで説明すると賢い人は気づくと思いますが、これは貸金業者や銀行が用意する金貸しではありません。公的な借金。つまり税金で支払うことになる借金です。

社会福祉資金貸付制度

この仕組みは「社会福祉資金貸付制度」と言われるものです。目的は所得の低い人や障碍者、高齢者の社会復帰を目的としたものであり、その内容に合わせて多くの種類が存在します。社会福祉資金貸付制度の中に「総合支援資金」と呼ばれるものや「福祉資金」「教育支援資金」などがあり、この中に更に細かく状況に合わせて費用の準備があるのです。

様々なラインナップ

たとえば総合支援資金の中の「生活支援費」であれば単身でも15万円までの貸付を受けることが可能で、これとは別に生活の再建に必要な資金として「一時生活再建費」と呼ばれるものや「住宅入居費」と呼ばれるものまで存在します。これらの資金援助は貸付ですので返済の必要はあるものの、金額的にも大きく申し分ない金額が貸付されるようになっています。

簡単に借りれるものではない

この精度は国によって定められている制度です。支払いや手続きの窓口は地方自治体の福祉協議会になっています。この貸付制度は本当に困っている人たちのものですので簡単に借りれるものではありません。恐らくこの文章をパソコン上で閲覧できるような生活をしているのであれば借りることはできないレベルのものでしょう。

生活保護とは違う資金

しかし、生活保護とはまた違うこの仕組みはいわゆるセーフティーネットの一つと考えることができるでしょう。この制度を知らずに生きていくよりもこのような制度があるということを知った上で制度を知らない人に広め、情報に乏しいがためにセーフティーネットから零れ落ちそうになっている人々にぜひとも知らせて欲しいものです。