審査の仕組み

無職でもカードローンを利用する方法がある!?審査の仕組みとは

審査が分かればお金は借りれる

お金を借りようとすると必ずと言っていいほど審査があります。この審査は通常その内容を確認することはできません。しかし審査の内容がどのようなものか把握していればたとえ無職であってもカードローンを利用し、お金を借りることが決して不可能ではなくなるのです。そしてこの審査の内容は自分がお金を貸す立場になったと考えてみるとなんとなくその形が見えてきます。

もしお金を貸すなら?

もし自分がお金を貸す立場であればどのような人にならお金を貸すでしょうか。手元にある資金を人に貸してその利息で儲けたいと考えているのはそれが個人であっても貸金業者であっても同じです。そのように考えていけばまずはできるだけ高い利息でできるだけ多くの人に貸し付けて収益を上げたい、利益を確保したいと言うのがお金を貸すほうの心理です。

誰にでもお金は貸さない

しかし、誰でもその辺の人にホイホイお金を貸していたのでは回収はできません。そこで相手が貸しても大丈夫な人物かどうかを判断するために必要なのが審査です。小さい規模であれば相手を見てコミュニケーションを取りながら貸せる人物かどうか判断すると言うことになりますが、会社の規模が大きくなればなるほどに相手を個別に判断することは難しくなります。

お金を貸さない理由

審査で一定の基準を設け、その基準に合わなければお金を貸すことを断るようになりますが、断る理由は「貸しても返してくれそうに無いから」です。決して「無職だから」と断るわけではありません。そのように考えていけば最終的には無職であったとしても「この人からはお金を回収できる」と思わせることができればお金を借りることは可能なのです。

お金を貸す条件

お金を貸す銀行など貸金業者は決して「お金を貸したくない」と言うわけではありません。むしろお金を貸したいのです。しかしそこには「利息を払ってくれて最終的にしっかりと返してくれるのなら」という条件が入ります。景気が悪いと言われている現状ではこの条件に合致するような相手が少ないこともあって貸付が行えないと言うだけなのです。

相手に「どう思わせるか」が重要

最終的に大切なのはお金を貸してくれる相手に「この人は返してくれそう」と思わせることができるかどうかがポイントです。無職だからとあきらめるのではなく、無職であれば無職なりのアプローチの仕方があるということを知って上手にお金を借りる方法を考えるのが無職でもカードローンを利用できるかどうかの境目と言うことになるでしょう。
(⇒
こんな条件なら無職でもお金が借りれる!