人からお金を借りる方法

この方法なら借りれる!仕事が無くてもお金を借りることのできる方法

無職でもお金は必要

例え無職であったとしてもその状況を変えることができればお金を借りることは可能です。しかし現在の経済的に良い環境であるとは言い切れない世の中では「無職」というステータスを変えることができないと言う人も存在するのが事実でしょう。それでもやはりお金が必要なときはあります。そんなときにはどうやってお金を借りればいいのでしょうか。

知り合いから借りる!

そんなときにまず思い浮かぶのはお金を知人から借りると言う方法です。人から借りれば利息が発生することも無く、返済もある程度の期間であれば猶予してもらえることもあるかもしれません。しかし簡単に知人からお金を借りることができるかと言うとそういうわけには行かないでしょう。お金を貸して欲しいと言うことが難しいような関係であると言う知人は周囲に多く存在するはずです。

大切な人からは借りない

それでも知人からお金を借りたいと思うのであれば、まずは本当に大切な知人からはお金を借りないことです。いくら親友であってもお金の貸し借りが原因で縁が切れてしまうことはよくある話です。できるだけ大切にしたい友達にはお金を借りずにいるほうが無難であると言えます。だからと言ってあまり仲良くない人物からお金を借りることは可能なのでしょうか。

親しくない人からお金を借りる

その答えは「イエス」です。たとえ親しくない間柄だとしてもあるひとつのポイントさえしっかりと抑えていればその相手からお金を借りることができます。そのポイントとは「お金を返してもらえる」という気持ちにさせることと、「お金を貸したらメリットがある」と思わせることができるかどうかです。

ポイントは元金返済

もちろん、仮にこの二つの条件を満たしていたとしてもお金を返さなければそれは詐欺になります。例えどんな方法でもお金を返していればいいのです。最終的に仮にメリットが無かったとしても借りた金額を返していれば大きな問題にはならないと思っていいでしょう。大切なのはたとえメリットが無かったとしても元の金額は返済すると言うことなのです。

返済計画をしっかりと

お金を返すことができると思わせるポイントはいくつかのものがあります。まずは返済の具体的な計画を立てること。そしてそれを相手にしっかりと説明することです。ここに銀行に預け入れるよりも大きい利息を加えて説明を行えば更にメリットがあると相手に思わせることができます。返済の内容が具体的で現実味があればあるほどお金を借りることができる可能性は広がります。

残すは熱意

この二つを満たすことができれば後は熱意です。しっかりと今後の計画を具体的に立てて相手にメリットも与えた上で、真剣に熱意を持って説得すればいずれお金を借りることができるでしょう。たとえ一度や二度断られたとしてもお金を貸せば特なんだと思わせる材料を持って熱く語れば人はいずれ納得します。それでも納得しない場合には他の人に相談してみるといいでしょう。その相手は最も親しい親友ではないのですから。