借りれる無職

無職でもこんな条件に当てはまればカードローンを利用できる!

無職ではカードローンは利用できない?

一般的な常識では無職でのカードローン利用はなかなか難しいというのが共通した認識でしょう。しかし無職だからとお金を貸してもらえないということはありません。また、事実上無職でもその状態を体面的に変更することは可能です。ところがこのような例以外にも無職でお金を借りることのできる人が世の中には一部存在します。

家族が高ステータス

無職でお金を借りることのできる一つ目の状況は、家族に高いステータスの人が存在すると言う状況です。場合によってはこの高いステータスの家族が保証人になることを求められることもあるかもしれません。しかし、場合によっては特に保証人を立てることも無く借りられると言うこともあります。親がお金持ちのその子供などがいい例でしょう。親に承諾さえもらうことができれば学生でも無職でも、いとも簡単にお金を借りることができる場合があります。

無職でも収入がある

二つ目は無職でも収入があるパターンです。毎月資金を運用した収益が入ってくるような場合や、不動産を保有していてその収入がある場合などが当てはまります。収入が定期的に入ってくるということについて証明できるような書類の提出が必要な場合もありますが、それさえクリアできれば例え無職だとしてもお金を借りることが可能であると言えるでしょう。

資産や貯蓄がある

そして三つ目は多くの資産や貯金があるという場合です。多くの貯金があってお金を借りると言うことはあまり無いでしょうが、既述の不動産での家賃収入とは異なりその財産が収益を生むようなものでなくてもお金を借りることが可能な場合があります。金額が大きくなればその資産は担保として預け入れる必要がある場合もありますが、その証明だけで特に担保として資産を取られることも無くお金を借りることができる場合もあります。

それでも必ず借りることができるわけではない

これら三つの環境は簡単に成し遂げることができるようなものではありません。しかし運よく(もしくは努力によって)このような状況に合致することになれば、無職でもお金を借りることができるかもしれません。ただ、これらの条件に合致していたとしても必ずお金が借りれると言うわけではないことにも注意が必要です。

返せるかどうかが判断基準

お金を借りるにはまずは返すことができるのかどうかと言うことの判断が「審査」として行われます。そこで返すことができると判断してもらうことができれば、カードローンの利用も決して不可能ではありません。