脱・無職テクニック

無職でカードローンを利用するための審査に通れるテクニック集

無職でカードローン

無職でもカードローンに申し込みたい!そして使えるようになりたい!そんなむちゃなワガママを通そうと思っているのであればそれなりの備えが必要になります。お金を貸すほうも慎重になってきている世の中ですので「無職でも大丈夫!」と断言することは残念ながらできませんが、少なくとも今回紹介する方法を試していれば「もしかしたら」無職でもカードローンを新規に申し込んで使えるようになるかもしれません。

無職で申し込みをしてしまわないように注意!

まず、大切なのは無職でも「申し込みはできる」ということはしっかりと覚えておかなければなりません。そして「申し込みができる=使える」ではないということも肝に銘じておきましょう。そして更に申し込みをすれば申し込んだことは信用機関に情報として登録されます。もちろんこの申し込みが短期間に数回あるようであれば「申し込みブラック」になり審査に通ることはありません。申し込みのチャンスは一時期に一回と言うぐらいの気持ちで申し込みましょう。

無職もいろいろある

さて、無職といえどその内容は様々です。また、ある程度の条件に当てはまるのであれば無職でも問題なくお金を借りることが可能でしょう。もちろんこの「ある程度の条件」に当てはまる人は恐らくその自覚がある人がほとんどでしょうから、今回はこの条件に当てはまらない人についてのお話です。

まずは「無職」から脱する

まず大切なのはカードローンの「職業」の欄に「無職」と書く必要がなくなるような状況を作るのが大切でしょう。まずは短期でも、短時間でもできるようなアルバイトを探すことがテクニックの一つとして存在します。たとえ短期間でも短時間でもその会社で在籍確認が取れればそれは全く問題なく無職を理由に貸付を断られるようなことはありません。

アルバイトが無ければ…

そのアルバイトも見つからないと言うのであればとりあえずまずは派遣会社に登録するのも良いでしょう。ある程度の基準を満たしていればすぐに登録できる派遣会社も少なくありません。大手になると在籍確認を取らせてくれない派遣会社もありますのである程度規模の小さい派遣会社のほうが融通が利くこともあります。

個人事業主になる

派遣会社に登録もできないし、アルバイトも見つからないと言うのであればいっそのこと個人事業主として登録してしまうと言う手もあります。個人事業主で何もしてなかったとしても立派な職業です。手続きは書類を一枚提出するだけ。これで立派な事業主になります。

最もカードローンに近い方法

いずれにしてもまずは無職ではない状態を作ることがカードローン利用への近道です。もちろん無職で無ければ必ずお金を借りることができると言うわけではありませんが、少なくとも無職というステータスでお金を借りることが難しいということは間違いありません。まずはどんな状態でも「無職」の状態からまずは抜け出すことがカードローン利用の近道であると言えます。