自己破産と任意整理

自己破産よりも任意整理にしたほうがいい借り入れ金額の目安と理由

自己破産と任意整理

借金が支払えなくなったときの手続きにはいくつかの種類がりその中の代表的なものに自己破産があり、そして任意整理と呼ばれる個人での整理手続きがあります。この自己破産の手続きと任意整理の手続きには保有財産の内容などにもよってどちらの手続きが良いかという選択をする必要があります。特に借り入れている金額に着目した場合には自己破産と任意整理、どちらを選択すればよいのでしょうか。

それぞれの特徴

自己破産をする場合には保有する財産があれば全て処分する必要があります。家や車を所有していて、それらは手放したくないと言うのであれば自己破産よりも任意整理が良いと言うことになるでしょう。また、どちらの手続きも手続き後は新たに借り入れを申し込むことは不可能に近い状態になります。クレジットカードでの支払いも多い現在の世の中を考えると、自己破産によって全ての借金について手続きを行うよりは、任整理によってクレジットカード以外の借金について整理を行うと言うのも選択肢かもしれません。

金額によっては手続きを選べない

ただ、借り入れの金額が大きくなりすぎれば任意整理では手続きができないこともあります。いくら利息が加算されないようになり、多少の減額が行えたとしても借り入れの金額が300万円を超えるようであれば任意整理を行うには苦しくなってくるかもしれません。任意整理では支払いを5年程度で終える必要があります。月に5万円、年間に60万円程度の返済が現実的な返済金額と言えるのではないでしょうか。

一つの目安としての金額

このことから考えると借り入れの金額が500万円を超えるようであれば任意整理は少し難しいといえるでしょう。一つの目安として300万円前後までであれば任意整理、500万円を超えるようであれば自己破産、その間であれば他の法的手続きも含めて検討すると言うのが金額的な目安と考えることができるのではないでしょうか。

返済能力には個人差がある

実際にはこの金額もあくまで目安としか言えません。人によっては毎月15万円の返済が可能なこともあるでしょう。そのような場合には目安の金額にも変化が出てくると言うことになります。自分の保有している財産の状況や、その後支払っていける金額の大きさによって法的手続きの内容にも変化が生じてくるのです。

自分にはどちらが適しているのか

いずれにせよ実際に法的手続きを行おうとしているのであればまずは専門家の有資格者にどちらが良いかと言うことを相談してみると言う方法もあります。ここで提示した金額はあくまでも目安であって最終的には手続きをする本人の状態に合わせて手続きの内容を決めていくと言うことになります。自分がどちらの手続きが良いか分からない場合にはまずはそれぞれのメリットデメリットを把握することが望ましいと言えます。