お金を借りる方法

キャッシング、ローン、各種手当て…これだけあるお金を借りる方法

いろいろなお金を借りる方法

働いて普通に生活していれば特に日ごろの生活でお金に困るようなことはないでしょう。しかし仕事を失ったり、何か大きな出費をしなくてはいけないような状況になると自分の収入とは別にお金を借りると言うことになる場合も有ります。お金を借りるその方法には様々なものがあり、借りる先によってその金利や借りる方法などにも違いがあります。

まずは銀行

お金を借りると言うことを考えたときにまず思い浮かぶのは銀行でしょう。銀行は後ほど紹介する消費者金融などと比較すると金利の低い商品も多く、無担保のカードローンから有担保の商品まで数々のものがあります。個人でも借りることはできますが、特に法人の場合にはお金を借りるとなるとまず銀行が浮かぶと言うことになるでしょう。

消費者金融

多くの場合はまず銀行での借り入れを模索すると言うことになりますが、既に銀行で借り入れている場合や借りることのできない事情があるような場合には消費者金融業者を利用することもあるでしょう。金利は銀行よりも高いことはありますが、銀行よりもお金を借りやすいという事もあります。同じお金を貸すと言う業務でも銀行とは運営のための法律も違い、その内容には注意が必要な場合もあります。

公的資金

銀行や消費者金融以外にも何か特定の内容のためにお金を借りると言うのであれば公的な資金が借りれることもあります。たとえば生活困窮者が社会に復帰するための準備資金などを貸し出している「社会福祉資金貸付制度」や、学校に通っていてそのための資金が無いと言うのであれば、各学校などが準備している「奨学金」も限りなく公的な資金に近いものになるでしょう。

人から借りる

このほかにも親に借りたり家族に借りたり知人に借りたりする方法もあります。身近な人から借りると言う方法であれば利息などが発生することが無い場合もあり、借りる側には有利な借金と考えることもできるでしょう。周囲に借りることができるのであれば、できれば周囲の親族や知人にお金を借りるほうが良いでしょう。

大切なのは返済計画

いずれにせよお金を借りるときに大切なのは返済の計画をしっかりと立ててから借りることです。これがしっかりとできていなければ結局返済が滞るようになり、借金に借金を重ねることで多重債務者になってしまうだけでなく、返済できないと言う事実によって自分自身の信用も失ってしまうことになります。