無職いろいろ

カードローン審査のときの無職の定義を把握して無職でお金を借りる!

カードローンにはまず審査

カードローンでお金を借りようとするとまずは審査が行われます。この審査の結果によっては「ご希望に添えない」ということもあり、できるだけご希望に沿って欲しいと言うのであればそれなりの仕事に就いて、それなりの収入を得て、それなりの生活をしておく必要があります。そんなそれなりの生活をしていればお金を借りる必要もないだろうという話なのですが。

果敢に攻める無職

こんなカードローンに果敢にも申し込みチャレンジする無職はそれなりの生活をしているわけでもないのにも関わらず、それなりに高いハードルを乗り越える必要があります。「無職」と言ってもその内容は様々で、無職の内容によってはお金を借りることも可能でです。断っときますが無職でもお金を借りれるという話をしているのではありません。借りれる「可能性がある」というだけです。働くに越したことはないのです。

無職の内容

さて、そんな無職の内容を見てみましょう。現在は完全な社会人。親は他界していて特に蓄えもなし。もちろん財産と言えるようなものはありません。未婚もしくは離婚です。子供もいません。…こんな完璧な無職はあまり見かけませんが、お金を借りるのはまず無理です。あまり積極的にお金を借りる方向に進んでいると思いもよらぬトラブルに巻き込まれることもあります。本当にお金が必要なのであればまずは役所に相談に行ったほうがいいでしょう。

二つ目の無職です。仕事はしてないけど家賃収入はあります。株もあって定期的に配当が出ます。そんな恵まれた無職は同じ無職として腹立たしい限りですが、お金は借りれるでしょう。もちろん家賃収入の金額や株の配当益の内容など確認されることはあります。と、いうか株でも処分してしまえば特にお金を借りる必要もなさそうですが。

三つ目の無職は今たまたま無職の場合です。働いていたけど退職してしまった。働く意思はありそれなりに蓄えもある。家族もいて配偶者は働いている。こんな無職は無職といえどお金を借りれる恵まれた無職です。配偶者や家族が働いているのもポイントでしょう。これが更に次の仕事が決まっていたりすると借りれる可能性はより一層高まります。

大切なのは適した選択

無職もいろいろとパターンがあるということが三つの例を見ただけでもわかります。ここに更に無職だけど派遣会社に登録しているパターンや内職のような仕事はしているパターンなど様々な状況が加わってきます。そして同じ無職でもその内容は大きく違ってくるのです。もし無職でお金を借りようと思うのであればまずは自分がどんな無職なのかを把握する必要があるでしょう。無職だからお金が借りれないと言う考えは正しくありません。審査に通るような努力も必要です。
(⇒カードローンの審査の仕組み